福岡県福岡市の建築・左官工事のことなら有限会社 日高プラスター工業 | 珪藻土・漆喰を使った健康住宅建設、リフォーム・リノベーションはお任せを

健康壁とは?
健康壁とは?

近年、住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装などの使用による室内空気汚染、いわゆる「シックハウス症候群」が流行っており、「目の痛み」、「頭やのどの痛み」、「息苦しい」などといった相談が保健所などに多く寄せられています。

そこで、左官で仕上げる壁が健康に良いということで見直され、塗り壁材を使用されるお客様が増えております。
左官が塗る材料は、自然素材が主に使われており、ホルムアルデヒドなどの有害物質が発生せず、室内の空気を綺麗な状態で保ってくれるとされています。

健康塗り壁に代表される「珪藻土」は、古くからコンロ・耐火レンガの原料として、または吸収剤や脱臭剤などとして幅広く利用されており、保温・断熱・調湿・遮音・脱臭などの機能を持ち、快適な生活空間を作り出してくれます。
特に、長時間居られる寝室や子供部屋、居間などにご使用いただくと、より一層快適なお住まいになることと思います。珪藻土や漆喰は値段が高いと思われがちですが、住む方の健康を考えた場合はたしてそうでしょうか?きれい事と、とられてしまうかもしれませんが、健康は、特にご家族の健康は、お金には変えがたい何よりのものだと私たちは思います。

漆喰の特性

防火性
城郭や神社仏閣、土蔵などの財産を守るために、漆喰の防火機能は重要な役割を果たしてきました。 万が一の火災時にも一般的に使われる化学合成建材のように、有毒ガスが発生する危険性はありません。

吸放湿性
高温多湿の気候風土である日本の建築物にとって、より自然なかたちでの調湿効果を発揮する漆喰の機能は古来よりなくてはならないものでした。
昨今の密閉性の強い住環境から生まれるカビ、ダニ、結露などの問題によるシックハウスやアレルギーに対しても、漆喰をはじめとする環境と健康に配慮された塗り壁は、有効な手段として見直されています。

環境性
漆喰のベースは石灰。もともと地球の資源から生まれた自然素材なので、その役目を終えれば、またもとの自然にかえります。漆喰は、廃棄処分時におけるダイオキシンやアスベストなどの問題は起きません。本当の意味で自然と共存できる素材なのです。

安全性
古来より世界各地で使用されている漆喰(石灰プラスター)は天然素材のため、その製造過程においてシックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)は含まれません。

珪藻土のいいところ

珪藻土とは?
植物性プランクトン(藻)が、長年にわたり海底や湖底に埋積して化石化したもので、昔から火に強い土として七輪やコンロ、耐火断熱レンガの材料、また現在はビールのろ過材として使用されたりしています。
主成分はガラスと同じSio2で、平均粒0.05mmの珪藻の遺骸に無数の孔があり、その孔の内部に炭や活性炭と同じような更に細かい孔があいている超多孔質の鉱物です。

珪藻土は調湿機能にも優れています
壁自体が呼吸します。空気中の湿度が高い状態では珪藻土が湿度を吸収し、空気中の湿度が低くなると放出します。 この吸放出を繰り返しながら、部屋の中を、暮らしに快適な湿度に「調湿」し、湿害を防ぎます。

珪藻土はニオイも吸着します
珪藻土は、ホルムアルデヒド等の有害化物質を出さず、タバコ・ペットの嫌なニオイを強力に吸着、脱臭し、部屋の中をいつもクリーンに保ちます。
夜、お部屋で焼肉パーティーをされた翌朝、普通はかなりニオイが残ってますが、珪藻土の部屋であれば朝までにはほとんどニオイが無くなっています。(施工面積、厚さ、商品機能で効果に違いがあります。)
また、タバコによる天井・壁の黄ばみも押さえられます。

Copyright (C) 2010 有限会社 日高プラスター工業 All Rights Reserved.